Vim - コマンドモード時の操作方法

■コマンドモード時はカーソル移動・画面スクロールなどを行う。
操作 機能
←、h カーソル左移動
↓,j カーソル下移動
↑,k カーソル上移動
→,l カーソル右移動
Ctrl+d 半画面下に移動
Ctrl+u 半画面上に移動
gg ファイルの先頭に移動
G ファイルの末尾に移動
^ 行頭へ移動
$ 行末へ移動
% 対応する括弧へ移動
x カーソル位置の文字を削除
yy カーソルのある行をyankする。yankとはコピーバッファに入れる事。
「5yy」と入力すると、5行コピーされる。
dd 「yy」コマンドの切り取り動作
p 貼り付け(カーソルの次の行から)
/検索文字 検索した後は、nで次の候補、Nで前の候補
ステータス行コマンド参照
u アンドゥ
Ctrl+r リドゥ
Ctrl+g 編集中のファイル名と全体行などを表示

■テキスト入力モードへの移行
コマンドモードからテキスト入力モードへは以下のキー入力で移行する。Vimの場合、「--挿入--」と画面表示される。コマンドモードへの復帰はESCキーで戻る。
操作 機能
a カーソルの右側に文字を入力
A 行の最後に文字を入力
c 文字列置換の開始
C 行末までの文字列を置換
i カーソルの左側に文字を入力
I 行の先頭に文字を入力
o 現在行の下に新しい行を挿入
O 現在行の上に新しい行を挿入
R 上書き入力の開始
s 1文字を置換
S 現在行全体を置換