tar - TAR形式のアーカイブを作成/展開する

tarコマンド
機能:TAR形式のアーカイブを作成/展開する。
書式:tar[オプション]アーカイブのパス[格納するファイルのパス]
 ※[ ]内はなくても良い

■アーカイブ(書庫)を作成する。通常はあるフォルダ以下を書庫ファイルとして一つにまとめる。
$tar -cvf アーカイブのパス 格納するファイルのパス

アーカイブ(書庫)内のファイルを一覧表示する。
$tar -tvf アーカイブのパス

アーカイブ(書庫)からファイルを取り出す。tarでは取り出した後でも元のアーカイブは削除されない。
$tar -xvf アーカイブのパス

■tarで圧縮/伸長する。tarはcompress形式、gzip形式、bzip2形式のどれでも圧縮/伸長が可能である。上記のアーカイブコマンドと同時に指定することで一度にアーカイブ化と圧縮が完了する。アーカイブ作成コマンド「-cvf」にgzip圧縮を加えて「-cvzf」とする。
$tar -cvzf アーカイブのパス 格納するファイルのパス
※fオプションの直後にアーカイブのパス名を指定する事。

オプション 説明 拡張子
-Z compressで圧縮/伸長する .tar.Z
-z gzip形式で圧縮/伸長する tar.gz .tgz
-j bzip2形式で圧縮/伸長する tar.bz2