pushd、popd、dirs - ディレクトリを記録しながら移動し、移動前のディレクトリに戻る

pushd、popd、dirsコマンド
機能:ディレクトリを記録しながら移動し、移動前のディレクトリに戻る
書式:pushd[オプション]移動先のパス
    popd[オプション]
    dirs[オプション]
 ※[ ]内はなくても良い

■pushdとpopdは作業中に特定のディレクトリ間を行き来するような場合に重宝する。cdコマンドの代わりにpushdを使用し、もとに戻るにはpopdを使う。ターミナルが1つしか使えなかった時代に良く使われた。現在はいくつもターミナルを開けるので必要性が少なくなっている。
$pushd /var/log

元に戻るにはpopdを使う。
$popd

現在ディレクトリスタックに積まれている情報を参照する。
$dirs