patch - diffの結果を基にファイルを更新する

patchコマンド
機能:diffの結果を基にファイルを更新する
書式:patch[オプション] < パッチ・ファイルのパス
 ※[ ]内はなくても良い

■diffの実行結果を基に、変更前のファイルから変更後のファイルを作成するのがpacheである。この時、diffの実行結果ファイルを「パッチ・ファイル」と呼ぶ。
パッチファイルを作成するにはdiffに「-u」または「-c」オプションを指定する。このファイルからパッチを適用するには、リダイレクトを使ってパッチファイルの内容を読み込む。
$patch < patchfile.diff

■diffに「-r」オプションを付けると、下位ディレクトリの内容の変更点を含むパッチファイルが作成される。このパッチを適用する場合は「-p 番号」オプションを指定する必要がある。patchを実行するディレクトリがdiffと異なる場合には「-p 数字」と指定する。「-p 1」と指定した場合は、パッチファイルに記載されたディレクトリの一つ目のディレクトリが省略される。
同じディレクトリ位置で実行するのが普通なので、通常は「-p 0」を指定する場合が多い。