ls - ディレクトリの内容を表示

lsコマンド
機能:ディレクトリの内容を表示する。
書式:ls[オプション][ディレクトリのパス]
 ※[ ]内はなくても良い

■数あるコマンドでもっとも頻繁に使用するコマンドと言える。以下に入力例を示す。

/homeディレクトリを表示させる。
$ls /home

「-F」オプションを指定すると、ディレクトリ、コマンド、シンボリック・リンクといった種類を判別できるようになる。
$ls -F

■隠しファイルの表示
Linuxでは先頭がピリオド「.」で始まるファイルを隠しファイルになる。隠しファイルは単にlsコマンドを実行しても表示されない。lsコマンドに「-a」というオプションを指定して実行する。
$ls -a

■詳細情報の表示
ファイルのパーミッション、オーナー、サイズといった詳細情報を表示する場合は「-l」オプションを指定する。この場合ファイルのサイズはバイト単位で表示される。
$ls -l

■ファイルを表示する順番
ファイルの一覧はアルファベット順に表示される。このとき、「-t」オプションを指定してlsを実行すると、タイム・スタンプ(更新日付)順で表示されるようになる。逆順に表示してほしい場合は「-r」も同時に指定する。
$ls -t