kill - ジョブにシグナルを送信する

killコマンド
機能:ジョブにシグナルを送信する
書式:kill[-s シグナル]%ジョブ番号
 ※[ ]内はなくても良い
 %ジョブ番号はプロセス番号も指定できる。

■通常はジョブを終了させる目的で使用する。シグナルの種類を指定しなければ、プロセスの終了を促す「SIGTERM」を送る。但しプログラムが「SIGTERM」を受けるつくりになっており、暴走していなければである。暴走している場合は終了しない。
そのような場合は強制終了の「SIGKILL」を送る。「SIGKILL」は特殊で、プログラム内でキャッチも無視も出来ない。

■シグナルの種類は「-l」オプションで調べる事ができる。
$kill -l