chmod - ファイルのパーミッションを変更する

chmodコマンド
機能:ファイルのオーナと所属グループを変更する
書式:chmod[オプション] モード ファイルパス(複数指定可)
 ※[ ]内はなくても良い

■ファイルのパーミッションを変更します。パーミッションには「オーナ」「所属グループ」「その他」の3つの対象に「読み出し」「書き込み」「実行」の3つの権限を許可・禁止が設定できます。

■モードは
対象(ugoa) + 操作(+-=) + 許可条件(rwxXstugo)で指定します。
ファイル「file.txt」のパーミッションを、オーナが実行可能する。
$chmod u+x file.txt

対象
u オーナ
g 所属グループ
o その他
a 全て

操作
+ 追加
- 削除
= 新たに追加

許可条件
r 読出し
w 書込み
x 実行
s 実行時にユーザIDを設定。対象が所属グループの場合は実行時にグループIDを設定
t sticky bitとはディレクトリに対してのみ有効な許可条件で、
ファイルの削除とファイル名の変更に制限を加えることができます。
X すでに実行許可が与えられているファイル/ディレクトリの実行
u そのオーナのパーミッション
g グループのパーミッション
o その他のパーミッション
l アクセス中はファイルをロックする