apt-get - Debian/GNU Linux系のパッケージマネージャ

apt-getコマンド
機能:Debian/GNU Linux系のパッケージマネージャ
書式:apt-get [オプション] [パッケージファイル名][キーワード]
 ※[ ]内はなくても良い

■主にDebian/GNU Linux 系リナックス(Ubuntu含む)で用いられるパッケージマネージャです。
ちなみにDebianパッケージをUbuntuにインストール出来ますが、推奨はされておりません。逆も同じで「混ぜるな危険」です。

ネット上の最新パッケージ取得先は「リポジトリ」と呼ばれ、リポジトリのアドレスは /etc/apt/soureces.list に記述されています。ローカルにもパッケージリストを保持しています。

パッケージリストを取得・更新する
$apt-get update

インストール済みのパッケージでネット上に最新があれば、取得してインストールする
$apt-get upgrade

通常は上記の2つのコマンドでシステムを最新の状態に保持できます。個々のパッケージをインストールするには以下のコマンドを使います。

インストール
$apt-get install パッケージ名

パッケージ名がわからない場合は
$apt-cache search パッケージ名
で検索する。しかし名前だけではどうしても役割がわからない場合は、
$apt-cache show パッケージ名
で内容確認を行う事ができる。

アンインストールは
$apt-get remove パッケージ名

■apt-getのオプション一覧
オプション 機能
update パッケージリストを取得・更新する
upgrade インストール済みのパッケージをアップグレードする
install 新規にパッケージをインストールする
remove インストールされたパッケージを削除する
source ソースパッケージを取得する
build-dep ソースパッケージのビルド依存情報を設定する
dist-upgrade ディストリビューションをアップグレードする
clean ダウンロードしたアーカイブファイルを削除する
autoclean アーカイブファイルの中で古いものを削除する
check 壊れた依存関係がないかをチェックする

■apt-cacheのオプション一覧
オプション 機能
add パッケージファイルをソースキャッシュに追加する
gencaches パッケージ/ソースキャッシュを生成する
showpkg 単一パッケージの一般情報を表示する
showsrc ソースレコードを表示する
stats 基本ステータス情報を表示する
dump すべてのファイルを表示する
dumpavail 存在するファイルを標準出力に出力する
unmet 未解決の依存を表示する
search 正規表現によってパッケージを検索する
show パッケージの情報を表示する
depends 指定パッケージが依存しているパッケージを表示する
whatdepends 指定パッケージに依存しているパッケージを表示する
pkgnames すべてのパッケージ名を表示する
dotty GraphVis用のパッケージグラフを生成する
xvcg xvcg用のパッケージグラフを生成する
policy ポリシー設定情報を表示する