Java - オブジェクト

■オブジェクトの生成
オブジェクトの生成は以下のように行います。
クラス名 オブジェクト変数 = new コンストラクタ名(初期化値・・・)
C++にdelete句がありますが、Javaにはありません。不要になったと判断された時点で自動的に開放されます。但し参照が残っている場合などは開放されず、メモリリーク状態になる場合があるので注意しなくてはなりません。
■オブジェクトの参照
オブジェクトを参照するには以下のように行います。
オブジェクト変数.メンバ変数;
オブジェクト変数.メソッド();
■static宣言されたメソッドの参照
static宣言されたメソッドはオブジェクトの生成をしなくても呼び出す事ができます。例として
System.out.println(abc);
は直接println( )メソッドを呼び出しています。