Java - "Java"とはどんな言語だろうか

■Java(ジャバ)は、従来のさまざまな言語の良い部分を引き継ぎ、欠点を克服するように設計されている。コンパイラ・開発ツールがオープンソースで開発されており、自由にダウンロードして業務に使用する事ができます。その為初期投資にソフトウェア代がほとんどかかりません。

ウェブ(クライアント側)
 ウェブブラウザでJavaアプレットを実行できます。Yahoo!Gamesで使われています。
ウェブ(サーバ側)
 JavaサーブレットやJSPなどJavaEE技術を使って動的にページを生成する技術です。
デスクトップアプリケーション
 これまではあまり作られる事がありませんでしたが、ライブラリ等が豊富にあり使われる事例も増えています。eclipse(開発環境)がJavaで作成されています。
組込システム・携帯電話
 携帯電話ではたくさんのゲームが作成されています。

■JavaはC言語に似ているが、C/C++言語などの既存言語の欠点を踏まえて、再設計された言語で、今までに無い完全なオブジェクト指向性を備えている。強力なセキュリティ機能や豊富なネットワーク関連の機能が用意されており、ネットワーク環境で利用されることを意識した設計となっている。

■Javaで開発されたソフトウェアは特定のOSやマイクロプロセッサに依存すること無く、基本的にはどのようなプラットフォームでも動作する。と言われているが、携帯ゲームでさえ機種依存しているので、専用と考えてかまわない。

■MFCと同じようなライブラリがそろっており、Windows、リナックスで共通という強みがある。.NET(C#)もリナックスで動作するが、Windowsのライブラリはリナックスに提供されていない。